2013年04月30日

2013.04.29 練習見学


久しぶりにオレンジキューブに行って来ました。
当初は、9時と15時30分の2部練予定だったのですが、”予定通り”?練習日程が変更となり、
10時からに変更。
ということで、朝から娘2人を連れて行ってきました。

まぁ、寝坊したおかげで到着が11時過ぎになりましたが、見学の人と報道陣の多さにビックリ!
注目度の高さがわかります。
練習は13時過ぎまで行われ、娘たちは最初は選手たちを見るだけでおとなしくしていたんですが、さすが
に見学だけでは時間が持たず、結局はお父さんが昨日買ったスマフォで”なめこ栽培”を・・・・・。
お父さんは、ぼーっと練習風景を眺めてまいりました。

4月は観戦に行くことができず、久しぶりの生で選手を見れたのと、天気の良さで満足しました!。

ただ、今日のお父さんの予定としては、「オレンジスクエアでTシャツを購入⇒練習後にサインを貰う」
という予定だったのですが、月曜日は定休日とのこと・・・・。まぁ定休日を調べずにいったというか忘れ
てたのは確かですが、GWでこれだけ見学者来てるんだからあけてよーっ!というのが本音。

ということで、結局お父さんは選手と握手のみでございます。
子供たちは、最後の北野選手が来るまで待って一緒に写真を撮ってもらいました。

【余談1】
選手とのふれあいという点では、正直志木のほうが良かったかと。柵もなくて、選手たちに気軽(という
と失礼か)に声を掛けられたあの雰囲気が懐かしいですね。ただ、交通アクセスで考えると格段に西大宮
から歩いて行ける点では、こちらが上かと。ということで、休日と練習日が重なる日にまた見学にいって、
今度こそサインをゲットしようかと。

【余談2】
帰ってきて妻に子供たちが、「清水慶喜いたよー」というと、「えー!居たのー?」という回答。
そりゃーいますよ。練習してますよ。とお父さん。
「でもあの人結婚したんでしょ?」と意味不明な発言を繰り返しておりましたが、「握手&写真」目当て
で次の見学は一緒に行くそうです。

ということで、写真を。
・今回の見学まで気づかなかった「アルディロード」の看板。
kannban.jpg

・久しぶりのオレンジキューブ
house.jpg

・お休み中のオレンジスクエア
sque.jpg

・見学者の人々
hito.jpg

・練習後のグラウンド
graund1.jpg

graund2.jpg

posted by お父さんりす at 01:05| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

2013.05.03 前の試合を見てみた「第9節大分(A)」


次節は大分トリニータ戦。土岐田や深谷のいるトリニータ。(深谷はなかなか試合にでれていませんが)
高松・森島の大型フォワードにボールを集めて高さで攻めてくるイメージがあります。
 高松:183cm/73kg
 森島:186cm/80kg
まぁ、選手見た目だけでは実際のところはわかりませんので、いつも通り前の試合「C大阪対大分」を
見てみました。
まずはフォーメーション。3−5−2ですかね。
大分Formation.PNG

【試合展開】
2分。大分の攻撃。カウンターから、右サイド縦に送り、高松・森島が右サイドに開いて粘り、センタリ
ング。中は誰もいないだろうと思ったら...、いました"マンシャ”。まぁボールはマンシャも飛ばして
走り込んできた辻尾まで行きシュートで終わりましたが。
ということで、”マンシャ情報”
 ロドリゴ マンシャ
  183cm/83kgの27歳。日本にくるまでは、ブラジルのクラブチームに所属でございます。
  83Kgとは思えないほど、動きは軽いですね。
  しっかりDFに人数掛けて、攻撃は森島・高松・マンシャの3人でゴールを奪う形が作られると怖い
  気がしますが、まだそこまでは成熟していないかと。

ということで、試合は早いパス交換で仕掛けるC大阪と、これに対して人数掛けてボール奪って高松・
森島にロングボールを送る大分という形で試合は進む。C大阪については、パスにこだわり過ぎなのか、
大分ゴール前でパスで崩そうとするが、いかんせんスペースがないので大分DFにひっかかり、この
パターンからは良い形が作れない。逆にシンプルなカウンターやサイドに一旦振ってから中央に入りなお
すパターンでチャンスを作る。

結局試合は、スコアレスドローでございます。

【攻撃】
・やはりボールを奪った際にまずは、縦へのパス。森島・高松を狙う形ですね。この2人がうまくボー
 ルを収められると、辻尾や西が追い越して上がっていくのでそこへ上手く出せるとチャンスになる形。
 縦へ早い攻撃ですね。
・ボール奪ってからDFラインでボール回して攻撃にスイッチを入れるところですが、DFラインが3
 バック。さらにアンカーが宮沢1人だけなので、ここにプレス掛けるとやはりロングボールを選択する
 形です。
・森島・高松はやはり強いですね。良い形で足元に入れられると、体格を活かしてキープしてくるので
 ここをどうつぶすかですね。まぁ、DF+ボランチで挟みこんでいく形になると思いますが。
・中央の森島・高松に意識が行っているだけに、時折見せるSHが高い位置でボールを受けた場合は、
 チャンスになる。アルディージャとしては、4バックですが、攻撃参加した後の裏を取られると危険
 な形を作られるかと。

【守備】
・じっくり守りの陣形を整える時間があれば、4−4−2または、5−3−2の形になりますね。ただ、
 速攻を仕掛けられると、やはり3バックなので、サイドにスペースがあります。
・傾向としては、ボールに寄せる守備という形。ボール持っている選手を囲い混んで、その周りに対して
 もパスコースを切る形で囲いこんでいます。まぁ、これを上手く突破するか、大きくサイドチェンジ
 できればチャンスになるかと。
・DFラインについては、完全に引いて守るというのではなく、ある程度高さを保ってますね。で、MF
 の後ろの3人もバイタルエリアのスペースを消してくるので、かなり狭いですね。ここで、溜めを作った
 り、搔いくぐるのは難しいかと。サイドとの揺さぶりを掛けて、DFラインのずれやスペースを広げる
 といった工夫が必要かと。

ということで、ズラタン・ノヴァコヴィッチに一旦預けて中央に絞らせて、サイドの下平・チョ・今井
辺りに出すとか、チョ・渡邉が中へ仕掛けてサイドにスペース作って、下平・今井が上げると行った形
が良く見られるかと。まぁ、良い形でボール奪えれば3バックに対してズラタン+ノヴァコヴィッチの
2人で仕掛けて点を取るってのもありだと思います。
DFについては、高松、森島に対して高さで勝負というのは厳しいとは思いますが、そこはCBの2人
に踏ん張って貰うしかないかと。足元でキープされれば、対人の強いCBとボランチで挟み込んでいつ
もの形でボール取れると思います。

【おまけ】
とうとうお父さん。今日スマフォデビューいたしました。まぁ、妻の携帯に迷惑メールが届きまくり、
ドコモ(スポンサー様)ショップに行って、防止策を聞くため順番を待ちつつ、その間にスマフォを眺め
ていて、どうやら妻のスイッチが入ったらしく。
といことで、後押しして妻をスマフォデビューさせ、それに便乗してお父さんもデビューでございます。
まぁ、妻の希望している機種の色がなく取り寄せになったので、お父さんだけ先行という状況ですが、
これで心配していたGWの観戦、ブログ更新の環境は大丈夫かと。
GWにお父さんは、実家の石川県に帰省する予定なのですが、なんせ実家のネットワーク環境がわからん
もので・・・。一応、WANがあることを信じてはいるんですが、念のためスマフォがあればと考えて
いたので、丁度良かったです。
posted by お父さんりす at 02:57| Comment(0) | 大分トリニータ(A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

2013.04.28 まだまだシーズンは続きます!


今日の上位陣の試合結果ですが、
 横浜対甲府 :1対1の引分け
 浦和対清水 :0対1で清水勝利
 広島対名古屋:1対1の引分け
 鹿島対新潟 :3対2で鹿島勝利

ということで、第8節で勝ち点を伸ばしたのは、
 勝ち点3:アルディージャ、鹿島
 勝ち点1:横浜、広島、名古屋
という状況。

で、とうとうアルディージャが1位に立ちました。

第8節終了時点での1位。うれいしいです。素直にうれしいです。以前所属していた”藤本主税”が
言っていた、”上でどきどきさせる”が実現されるシーズンとなりました。うれしいです。ホント。

しかも、唯一のJリーグ負けなしのチーム。負けなしというよりは、8戦終わって6勝2分で5連勝中。
次勝てば6連勝と、横浜FMの今シーズン開幕からの連勝記録に並びます。

今シーズンは各チーム監督交代がほとんどない状況であったにも関わらず、チームの成熟度という点では
アルディージャが他のチームより頭1つ抜けている状況だったし、試合で出た課題は次の試合できっちり
修正していくことで、1試合毎に成長を感じさせてくれます。
これはホント見ていて楽しいです。

第1節清水戦、第3節新潟と先制した試合であるにも関わらずドローで終わってしましました。
ここで逆転負けしなかったことが重要だし、それ以降「ゲームの終わらせ方」ということで片岡を投入
する5バックのシステムを導入。
ズラタン、ノヴァコヴィッチと怪我が続き、なかなか2人がそろうこととがなかった序盤でも、逆に富山
が結果出して、自信を持つことができた。

これからも、この調子でいろんな選手が成長を実感させてくれるプレーを見せてくれると信じています。

昨年ベルデニック就任時の”調べてみました”に、「守備に関しては定評があり、攻撃面については絶対
的ストライカーがいれば上位に入る」と書いた記憶があります。
アルディージャには、ノヴァコヴィッチとズラタンというストライカーが2人もいます。しかも守備も
献身的ですし、ノヴァコヴィッチはチームを鼓舞するリーダーシップもあります。
ということで、上位を狙う条件は整っております。

ただ、2人だけでなく今季15得点で得点者が8人。確かにノヴァコヴィッチとズラタンが3点づつで、
チームトップですが、これは点を取るのは彼らだけではなくチーム全体で攻守の切り替えから、得点を
奪えるということを示していると思います。

ということで、1位ということで多少浮かれ気味に書いておりますが、内心は”どきどき”です。
このどきどきがシーズン終了まで続いて、最後に良い結果が待っていると信じています!。

まずは次の大分戦。1戦1戦を大事に戦っていきましょう!。
posted by お父さんりす at 01:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。