2013年06月30日

2013.06.30 「守備面について振り返る」


さて、すっかりお休みモードに入っていたお父さん。
まぁ、個人的な事情もあってちょっとお疲れ気味なんですが、今週末には再開ですからね。
さすがに、ブログ更新も再開しないと思いまして。

で、
【まずはコンフェデ】
 日本は、3連敗で予選敗退。なんか、ブラジル戦のネイマールの1発目からずーーっと大会中悪い
 流れが続いていたような気がしますね。
  第1戦 ●ブラジル戦:0−3
  第2戦 ●イタリア戦:3−4
  第3戦 ●メキシコ戦:1−2
 W杯まであと1年。東アジアカップで、新しい戦力・ニューヒーローを期待するメディアが多いですが
 正直、チームの成熟度をどれだけ上げられるかかと。もちろん個の力とうのは大事ですが、それは各
 選手がクラブで磨くものかと。メンバーを固定することには反対ではありますが、代表での1年という
 のはチームの完成度を上げるのに使うべきだと考えております。
 やはり、日本チームの特徴である連動性、組織力って奴を高めて、「これが日本のサッカー!」って
 形を作ってほしいんですがね。Jがあったり、欧州の選手もクラブとの関係があるとは思うのですが、
 もっと合宿とか出来ないもんなんですがね。
 
【今週のOle’アルディージャ】
 さて、既に攻撃について以前振り返りましたが、今週のOle'を見てちょっと楽しみになりました。
 練習試合とはいえ、ダイジェストでゴール前でのダイレクトでつなぐパターンが何度も観られました。
 連動性が高まっているってことでしょう。
 なんせ、中断前は数えるぐらいしか2人目、3人目が連動したダイレクトに繋ぐパターンが見られません
 でしたからね。ホント、お父さんとしては攻撃面への期待感がかなり高まっております。

ということで、【本題の守備】
今更ですが、守備の振り返りでございます。13節終了で、9失点と唯一の1桁失点のチーム。
ただ、正直今シーズンのアルディージャには、「堅守」というイメージがあまりなく。
そこんところも考えながらということで。

・2013(1節〜13節)
 無失点試合数:6試合
 最多失点数 :2失点(第1節清水戦、第11節仙台戦)
 平均失点数 :0.69
 被シュート数:138本(10位) 
 平均被シュート数:10.6本
 起点:中央 4点/右サイド 3点(1)/左サイド 2点(1)
 ※()はFK
 うーん。やはり被シュート数が、138本ってところですかね。「堅守」のイメージが強くないのは。
 まぁ、昨シーズンに比べれば北野のビッグセーブが間違いなく少なくなってきているし、それだけ
 楽にシュートを打たせてないってことでしょう。
 サイドとしては、右サイド・中央での展開で失点されるシーンが多い。右サイドについては、今井が
 最近はスタメンを奪取してますが、渡邉がマークされ始めてからさらに今井のオーバーラップが高い
 位置になりましたからね。渡邉なり、ボランチの2人がそのスペースを埋めるってところを確認できれ
 ばまぁ、十分修正できるでしょう。(というかされているでしょう!)

 ちなみに昨シーズン。今シーズンとの比較のために22節から34節の13試合のデータを集計
 ・2012シーズン
  無失点試合数:8試合
  最多失点数 :3失点(第23節仙台戦)
  平均失点数 :0.53(13試合7失点)
  被シュート数:174本 
  平均被シュート数:13.4本

 ここでしょうね。今シーズンと昨シーズンのイメージの差。被シュート数が、174本と今シーズンに
 比べ約40本多い。にもかかわらず無失点試合数、失点数が今シーズンより少ない。
 昨シーズンの無敗記録が始まった辺りから、「相手のフィニッシュのシーンで、必ずDFが体をよせ、
 さらに北野のビックセーブ炸裂!」ってイメージが強かったので守備が堅いというイメージがあったの
 ですが、今シーズンは「フィニッシュまで行かせない!」ということで、「堅守」というより中盤で
 奪って攻撃に転じるイメージが強いので「堅守」というか「守備が強い」という突出すたイメージが薄
 くなって来ているんではないかと。

 とはいえ、被シュート数10位ってのは打たれ過ぎですかね・・・。

 さて、最後に気になっていたのは「オフサイド数」。高いDFラインを保ちつつ、ラインの駆け引きで
 攻撃の目をつぶしているイメージ。
  2013シーズン:31(1試合平均:2.38)
  2012シーズン:26(1試合平均:2.00)
 まぁ、取得数は増えていますがね。この辺りはかなり研究されているし、広島戦では結局「0」。
 一時期、オフサイドをアピールしてプレーが止まったりしてましたからね。集中を切らさずに!

ということで、結果を見ればJ1位の守備!。ただ、被シュート数を見ると打たれていることは確か。
フィニッシュまで行かせずにボール取れるのが一番いいんですがね。さすがにそれは無理ですが、もう少し
改善の余地はあるかと(というか、キャンプなり中断期で修正されているでしょうー!)

で、あとはCBの交代選手ですかね。菊地、高橋のコンビに片岡までは計算できますが、菊地の膝が気に
なりますからね。何度か怪我してるし。制空権を考えると福田辺りがもっとアピールしてくれれば良いかと。
あとは、高橋の控え。膠着状態での、高橋のオーバーラップは1つのオプションですからね。

いづれにしても、再開でベルデニックがどうチームを成長させてきたか早く観たいですねー!。
まずは7月。しっかり結果を残して行きましょう。

そして今から矢部っちFC。渡邉大剛の生出演。緊張しながら見守ります・・・。

 
posted by お父さんりす at 23:58| Comment(0) | 調べてみました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

2013.06.18 諸々と


最近の話題を諸々と・・・。

【日本対ブラジル:0対3】
 さて、コンフェデ1戦目でございます。結果はご存知の通り、0−3の完敗。
 まぁ、開始3分でのネイマールのゴール。これで、ブラジルはかなり楽になりましたね。
 すごいシュートではあるんですが、決まったから「さすがネイマール」ってことですかね。でも、
 世界レベルだとあのエリアでフリーにするとどんどん打ってくるってことでしょうね。

 試合展開としては、失点が早かっただけにそれほど日本も焦ることなく試合を進められたかと。
 ただ、両チームともゴールに向かって早い展開でしたね。日本は、縦へ早くつなぐというコンセプト
 があるとして、ブラジルがそれにお付き合い(カウンター狙いだったのかもしれませんが)。ブラジル
 ってもっと緩急をつけるイメージがあったんですが・・・。なんかリズムが一定でしたね。

 まぁ、3失点したものの正直DFについては良くやっていたかと。十分修正できる範囲だと思います。
 
 それよりも攻撃陣。まぁ岡崎のワントップと、初めて試した陣形ではあったものの怖さが全くない・・。
 唯一、本田がミドルレンジからでもシュートを積極的に放って得点の匂いをさせていたかと。

 オーストラリア戦後に「連携」は当たり前、「個」をどれだけ伸ばせるかってこといってましたが、
 W杯まであと1年。まずは”当たり前”といっていることを当たり前にできるようにして欲しいかと。

【東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ】
 お父さんとしては、コンフェデよりもまずはこちらに注目。
 なんせ、青木がでてますからね。アルディージャが首位なだけに、各方面から”成長株”として注目
 されている青木。彼が元代表クラスの選手たちに囲まれてどんなプレーを見せるか!。
 青木は、いきなりスタメンで登場(出場は、前半だけでしたが・・・)。で、茶髪!。なんか、アル
 ディージャの選手って時々茶髪がはやりますよね。きっとほかの選手もやってるんだろうなぁと思い
 つつ試合を観戦。
 青木のプレーですが、中村と組んでボランチで出場。まぁ、CBが中澤・闘利王のコンビ。ということ
 で、常に首を振って周りを確認してバランスをとっている状況。若いのに・・・。もっとアピールすれ
 ばいいのに・・・。と考えつつも、周りの選手がね。このメンバーじゃ仕方ないかと。
 CKの時も、結局このCB2人が上がっていって、後ろ下がっていたし・・・。
 まぁ、コンディション面でもばらつきがあったし、試合全体の雰囲気はお祭りムードでしたが、青木に
 とっては良い経験ができたんではないかと思います。
 で、お父さんとしては青木の姿が見れただけで幸せでございます。



 
posted by お父さんりす at 01:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

2013.06.11 諸々と


1週間ぶりの投稿でございます。
J開幕以来、ナビスコの日程と重なり、日々更新していただけに、一休み・・・。

トップチームも練習再開しましたからね。お父さんもそろそろと!。

前々回に「攻撃面を振り返る」をやったので、守備面を振り返ろうかと思ったのですが、日本代表が
Wカップ出場決めましたので、まぁそっちに少し便乗しようかと。

【日本対オーストラリア:1対1】
 お父さんの予想では、0−0の予想だったんですが、1対1。正直試合はほとんど見ておりませんが、
 やってくれますね。「本田!」。やっぱり持っている男は違いますね。
 まぁ、引分け以上でWカップ出場でしたからね。引分けできまるんだろうなぁと予想してたわけですよ。
 が、後半に失点して終了まじかで本田のPK。ど真ん中に決める辺り、度胸が据わってますね。
 あの辺りが、エースと言われる所以でしょうか。
 これで、イラク戦、コンフェデと「ブラジルに向けて!」という気持ちで見られるだけに、さらに世間
 の評価は辛口になるかもしれませんね。
 ちなみに気が早いですが、さすがにコンフェデとWカップは見ますよ。お父さんは。

【Get Sports 6/10】
 さて、日曜日は長女と一緒に寝る約束となっているお父さん。ということで、9時過ぎに娘と布団に横
 たわり、娘が寝たらいつもおきるのですが、最近はそのままご就寝・・・。
 とはいえ、昨夜は暑くて目が覚めてしまいしばしTVを視聴。で、ちょうどGet Sportsで、
 ”ザックJAPAN ”W杯優勝”へ必要なものとは?”というお題。
 中西哲生、秋田豊、福田正博の元Jリーががコメント。
 お父さんが観はじめた時は攻撃編が終わり、守備編がちょうど始めったところ。番組の進行は、3人が
 キーワードを出して、ブラジル、アルゼンチンなどのプレーをVTRで振り返って解説していく形式。
 
 中西哲生:
  キーワードは、「伝家の宝刀」。????と観ていたところ、相手選手のシュートシーンで足を出す
  タイミングに関しての解説。DF時は、相手の動きに軸をブラさずについていって、ここぞというタ
  イミングで足を出す。出さないのもダメだし、簡単に出すのもかわされる要因になるから、ダメ。
  しっかりと対応できる体勢を保って、ここぞというタイミングで奪いにいくなり、シュートブロック
  に行くなりするということ。
  で、アルディージャDF陣にあてはめると、昨シーズンから、シュートブロック数が多い気がします。
  確かに、滑らされているシーンもありますが、徐々に簡単に滑らされるシーンが減ってきたかと。
  また、的確なタイミングでブロックに行けてるようになっている気がします。
  この辺りは、チームが自信を持って落ち着いて対応できているということでしょうか。

 秋田豊:
  キーワードは、「ラインコントロール」。ここで、「なるほど!」と思ったのは、ラインを上げるタ
  イミングの解説。ラインを上げるタイミングは、「バックパス」、「ボールをキープしている選手
  が、顔を上げていないシーン」など、相手がボールをコントロール出来ていないシーンだそうです。
  このタイミングでラインを上げれば、ボール受けた選手は簡単に前にボール出せないし、前線の選手
  もオフサイドポジションであればボールに関与できない。
  なるほど!と感じたわけです。
  アルディージャのDFは「ラインを高く保って!」というのがコンセプトですが、ラインを上げる
  タイミングまではあまり深く考えておりませんでした。まぁ、クリアしたときに上げるぐらいかなぁ
  と考えていたんですが、こんなタイミングでも上げることはできるんですね。
  後半戦は、こういった点についても注意して見ていこうかと。

 福田正博:
  キーワードは「コンパクト」。まぁ、本人曰く「守備の事は聞かないでください」といっていまし
  たが・・・。で、コンパクト。1人の選手に複数人でプレスなり、パスコースを消したりしてミスや
  判断の遅れを誘い、ボールを奪ってのショートカウンターでゴール。必要なのは、連動性。プレスを
  掛けることにより、相手が次にやるプレーを限定し、それに合わせてほかの選手がさらにプレスや
  ボールを奪いに仕掛けるということ。
  まぁ、ゴールまで話すところが、福田氏らしいですが。
  この点も今のアルディージャはできてるんではないかと。

ということで、日本が今後強豪国と戦うために必要なプレーとして上げられた点を、アルディージャが
今シーズンやっていて、さらに結果を出しているということで、ちょっと「アルディージャのこと?」
って感じるくらいうれしくなってしまいました。

ザックさん、まだ?もう?Wカップまで1年ありますので、アルディージャのDF陣はいかがですかね?

【移籍ウィンドウ】
今どうのこうのいうつもりはありませんが、今年の移籍ウィンドウ。
 ■2013登録期間(ウインドー)
   第1登録期間(ウインドー):2013年1月4日(金)〜3月29日(金)
   第2登録期間(ウインドー):2013年7月19日(金)〜8月16日(金)

 ちなみに、昨シーズンは
 ■2012登録期間(ウインドー)
  第1登録期間(ウインドー) :2012年1月6日(金)〜3月30日(金)
  第2登録期間(ウインドー) :2012年7月20日(金)〜8月17日(金)

 ウィンドウオープンとともに、2Wの中断があって、そこからはコンスタントに試合がある感じ。
 J再開が7月6日ですから、再開後すぐにオープンという感じですね。
 今のアルディージャの布陣を考えると、各選手とも伸びしろのある選手ばかりなので、このままのメン
 バーでチームの成熟を見たいというのが本音ですが、控えのメンバーにとっては今の中断期間で
 「どれだけアピールできるか」という課題もあるわけで、危機感を持った締まった練習をこなしている
 ことと信じております。

 開幕では、より完成された大宮アルディージャを期待したいですね。

 

  
posted by お父さんりす at 01:08| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。