2014年04月30日

2014.04.29第10節セレッソ大阪戦(A)レビュー

1-1の引き分け。勝ち点1!ズラタン今季初得点でございます。
応援にいかれた方、お疲れ様でした。

相手はACLの絡みで中二日が1つ多いセレッソ大阪。アルディージャは前節からスタメン4人を入れ換え。
コンディション面で優位なだけに球際の勝負や運動量で、こっちに分がありましたね。

ではフォーメーション。
GK:江角
DF:渡部、高橋、菊地、今井、中村
MF(ボランチ):片岡、増田
MF(二列目):富山、家長
FW:ズラタン
お父さんの予想に反して5バックでございます。渡部が左、右に中村というかたち。今井を守備に専念させる?
まぁ勝ち点取りに来たんだからいいでしょ。
家長はガンバ戦のように古巣相手に意地を見せてほしい。

では前半
セレッソボールでキックオフ。

アルディージャはやはり5バック。中の3人でフォルランと柿谷を見る形。最終ラインは一列にコントロールしているが、それより前は自由にプレスに行く。去年のように綺麗に3ライン作ってたのとは違いますね。昨シーズンの浦和戦のような感じ。

序盤は慣れていないフォーメーションのせいか、数本クロスをあげられるが、中で潰す。陣形としてはやはり前線の裏を狙う形なので、縦に間延びしてる感じ。セレッソ側は前線からプレスに来るも、プレーエリアとしてはこっちにに合わせてくれたおかげで、家長や増田が余裕もってボール持てましたね。

8分:右サイドでの展開が続く中、アルディージャのゴールキックのこぼれ球から家長がドリブルで、右サイドをかけあがりクロス。ズラタンがヘッドで合わせるも惜しくもはずれる。
まぁマイナスぎみだったから難しい体勢でしたね。それにしても家長のドリブル。細かいフェイント入れてて「やっぱうめー!」って言っちゃいます。

その後も、右サイドでの攻防。ポゼッションはアルディージャの方が上。

13分:自陣センターライン付近から扇原のロングフィードがそのままアルディージャゴール前に走り込んできた酒本へ。ダイレクトに合わされるが、シュートははずれる。

16分:今井の中途半端なクリアを山口に拾われフォルランとのワンツーでペナルティエリアへの侵入を許す。アルディージャDFの一番嫌なパターン「やられたー!!!」と思ったら、シュートは右にはずれる。あぶなー!

16分:家長がドリブルで仕掛け倒されるもファールを取って貰えずカウンターを許す。ボールは柿谷に渡るが、アルディージャDFがファールで止める。
この場面…。家長が倒されボールを奪われるが、カウンターが速攻という訳でもなく、彼の近い位置にボールはあったわけで…。正直「直ぐに起き上がってプレーしろー!」と感じたわけですよ。そういうところに見ている側は、選手の必死さや気迫を感じるわけで。

この辺りから流れはセレッソ。アルディージャはゴール前で、弾き返す。

36分:セレッソの攻撃。ハーフライン付近で右の酒本から左サイドの丸橋にピンポイントのサイドチェンジ。シンプルにライン際縦に長谷川に入れられ、そこからグラウンダーのパスを柿谷へ。柿谷の右アウトサイドで狙ったシュートはバーを叩く。

DFが引いていくなかで、スピード緩めて完全にフリーの状況作ってました。

ということで、序盤こそアルディージャペースでしたが、ほぼセレッソ優位で前半終了。まぁ、その分疲れてくれたってことでしょ。大熊監督の狙いっぽかったし。

後半。
アルディージャボールでキックオフ。
相変わらず流れはセレッソ。

51分:セレッソのCKをクリア。これを拾われ、アルディージャゴール前へ。抜け出した丸橋と柿谷。丸橋が足で絶妙にボールを落として柿谷がダイレクトにシュート。
これは江角が弾いて命拾い。

ここで気になったのがDFラインの押し上げとボールホルダーへのチェック。引いて守る戦術のせいか、DFラインを一気に上げるという動きもなく、この為ボールホルダーへのチェックも甘くなり、制度の良いボールを入れられてしまう。
少なくともプレスはいかないとね…

59分:富山からヨンチョルに交代。アルディージャも攻撃をそろそろ仕掛ける?
右サイドでの攻防が多かったが、ここから両サイドでのアルディージャの攻撃が活性化する。

69分:来ました!先制点。左サイドでのCK。増田の蹴ったボールはDFの頭をかすめるもズラタンが頭でゴール。よく見るとジャストミートって訳ではないですが…。今季初得点です。これでプレッシャーからも解放されてゴール量産していってくれるでしょ。
で、注目はCKのきっかけとなったプレー。ズラタンの裏への抜け出しに合わせたパス。良くズラタンのゴールシーンで見るやつです。きっと得意な形なんだろうなぁ。

さぁ残り20分。守りきれるか!

運動量をあげてきたセレッソに対して弾き返すアルディージャ。危なげないプレーが続くが、やはりベタ引き。ロングフィールドの出どころへのプレスが甘いところが気になる。

83分:アルディージャゴールエリアに近い位置にからのFK。キッカーはフォルラン。嫌な予感がよぎるも直接狙ったボールはゴール右にはずれる。

83分:ズラタンに替えて長谷川を投入。まぁ、前線からの守備とボールキープが意図だったと思うんですが。

89分:家長に替えて村上を投入。

ロスタイムは4分。長げー!

93分:CKのクリアボールから山口にゴール前に放り込まれこれを杉本に合わせられて同点。

で、キックオフ直後に試合終了。

まぁ完全に「守って勝ち点1」という試合のは入方立ったんで、終了間際に同点にされたのは言葉でなかったですが、そこはポジティブに!
「連敗ストップ」「ズラタン今季初得点」ということで。暫くはこのスタイルでいくんですかね。勝ち点も取れたわけだし。
DF陣の長所考えるとあってる気もするし。
残念ながら完封はできませんでしたが、アルディージャらしい守備。ロングボールやクロスは弾き返す。シュートはコースにきっちり入ってブロックする。
この辺が安定してできるようになってから次のステップですかね。

今日の試合は残念でしたが、アルディージャもシーズン序盤はロスタイムに逆転やら同点に追い付いたりしてますし。

まだまだ過密日程が始まったばかりですが、コンディション整えて次も勝ち点積み上げましょう!
posted by お父さんりす at 01:36| Comment(0) | セレッソ大阪(A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

2014.04.29第10節セレッソ大阪戦(A)試合前

今日はオンデマンドで観戦予定。
この時間帯はさすがにTVは独占できないと思われ…

で、スタメン発表されましたね。
GK:江角
DF:今井、高橋、菊地、渡部
MF:中村、増田、片岡、家長
FW:ズラタン、富山

渡部と中村の名前があってちょっと驚き。登録上は上記の通りですが、渡部が前ですかね。どちらにしても守備的にきたってことでしょうかね。
注目したいのは増田ですかね。恐らく片岡とボランチでコンビ。
(片岡と高橋が時々ポジションチェンジすると思うけど)。
今まで起用されても遠慮がちなプレーのように感じられるので、アピールのチャンスですから大胆にプレーしてほしいですね。

中央の守備は高橋、片岡、菊地の3人がキーですね。

後あとは富山の先発起用。前線からの守備と裏を狙う動き。体力的にきついと思いますが、あのハツラツとしたプレーはチームに何かをもたらしてくれるはず!
期待大です。まぁキツくなったら長谷川いますしね。

家長も最初っから飛ばしていって欲しいですね。控えにチョ、橋本、渡邉とタイプの違う選手がいるので、状況によって選択できる。大熊監督、おねがいますよ。

ということで、完封と勝ち点積み上げ目指して行きましょう!


posted by お父さんりす at 18:35| Comment(0) | セレッソ大阪(A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

2014.04.29第10節セレッソ大阪戦(A)プレビュー

明日は第10節C大阪(A)でございます。
土曜の甲府戦の試合内容を受けて、大熊監督が動いてくるかどうか気になるところ。中2日ですからね。コンディション面を考慮して、献身的に動
ける選手をまずは選んでほしいです。

さて、C大阪情報ですが、前節は神戸と対戦。
 フォーメーション:4-2-3-1。
 DF:染谷、山下、ゴイコ、新井場
 MF(ボランチ):山口、扇原
 MF(2列名):長谷川、柿谷、丸橋
 FW:フォルラン
という布陣。

9節終了時点で、3勝3分3敗の勝ち点12。得点:13、失点:10でございます。
チーム得点王は、フォルランの5得点。次いで丸橋の2得点。以外にも、柿谷の得点はまだありません。
話題の攻撃陣の割には、得点はJで7位タイ。
昨年いやな仕事してたシンブリシオが神戸に移籍したのが影響大きいんですかね。

で、お父さん的意見。
フォルランですが、ミドルシュートは警戒ですが、ゴールエリア内であれば菊地の高さと高橋の対人で対応できる気がします。バイタルエリア付近
で仕事されると厄介ですが・・・。
それより気になるのがやっぱり柿谷。個人で仕掛けられるとアルディージャDFはばたつきますからね。昨年のNACK5で得点されたシーンが嫌なイ
メージで残っています。
あと丸橋。恐らく今井が見る形になると思います。1対1で単純に勝負してくれるならいいんですが、中に切り込んでこられると、マークの受け渡し
のズレとか狙われそう・・・。

ということで、前節甲府戦の内容もあるし、アウェーですからね。「勝ち点1取りに来ました!」って布陣で良いんでないですか、大熊監督。中2
日だから、コンディション面ってことで選手の大胆な入れ替えも説明できるし。フォルラン、柿谷を抑えればDF陣も自信がつくはず!。

で、攻撃面は・・・・。
うーん。イメージできん。クリアボールの中継役に渡邊。で、前線にスピードのある富山か、もしくは渡邊との相性で、ズラタン・ヨンチョル辺り
ですかね。
「まずは守って、中継役に渡して前線で裏を狙い続ける」ということを繰り返すしかないかと。
中継役にただ渡邊っては正直微妙かなぁ。ミドル、ロングパスが主体になるだろうから、彼のパスレンジとはあってない気がするし・・。カルリの
状態はどうなんだろうか?

と、ここまではカウンター主体の戦術を前提とした場合。
これまで通りに行くのであれば・・・・。行くんですかね?イメージがつかん。まぁ現状を考えれば、個人での打開しか考えられませんね。
チームの調子・流れをつかんでいるかってところはボランチがどれだけ相手ゴール前に顔を出すかの頻度でわかる気がします。

ということで、まずは完封+勝ち点1を目指しましょー!。
連敗ストップと勝ち点積み上げ。コツコツと1歩づつ。
posted by お父さんりす at 14:03| Comment(0) | セレッソ大阪(A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。