2015年03月17日

2015.03.17 個人的な意見です!


アルディージャの攻撃陣に関する個人的な意見です。まぁブログに書いてるんだから当たり前なんですがね。
ちょっと、解説やらサッカー番組が「家長中心」を連呼するもので・・・。

と、その前にムルジャが気になったので、調べてみました。なにが気になったかというと、大宮の外国人FWの補強について。「シーズン途中」で、残留争いのために「海外から補強」。ということで、相手チームにとっては、なんのデータもない選手。ということで、そりゃー結果残すわなぁーと。で、2年目以降はどうやねん!と。
ということで、少ないですがラファエル以降の選手データ。
data1.jpg
お父さんの予想に反して、2年目に得点率を落としたのはズラタンのみ。ということは、相手チームの分析よりもチームへのフィット、Jリーグへの慣れってのが上回っているってことでしょうか。
2年目は研究されて、得点率さがっていると思っていたので、意外でした。
で、1年目から突出しているムルジャの得点率0.5。相棒のズラタンがいなくなったとはいえ、期待したいですねぇ。

といことで、ポジティブな話題がでたところで本題。

さぁ、アルディージャの攻撃。どうしたもんですかねぇ。ほんと、得点のパターンというかイメージがわかない...というわけではないんですよ。ここから大いに個人的意見を語ります。
まぁ、素人の考えなんでね。ふーんって感じで流していただければと。

さて、最近のサッカーの試合を見ていると、よく聞こえる守備のトレンドは
@攻守の切り替えを早く前線からプレスをかけ、攻撃を遅らせる
Aブロックを作って守る
ってところかと。(書いてて、この2点しか浮かんでこなかった・・・)

これをどう攻略するか。
@に対しては、プレスがかけられるより早くボールを動かして縦に運ぶのが理想。このためには、選手全体が切り替えを早くして、ボールの出し先の選択支増やせるようにしながら、全体的に押し上げる動きが必要かと。大宮の選手はできているか?
もしくは、少ない人数、タッチで前線へ運ぶ。確かな技術、連携が必要なこのパターン。話してからめる選手が何人いるか?
最近の消極的なプレー、大事なところでミスするなど、今のところ満足のいくパターンはできていないかと。
(とはいえ、初めて大宮の試合を見にいった5年前と比べればレベル上がってますがね。まぁ、Jのレベルが上がってますから、それ以上の伸びみせないとつらいですわな)

で、問題はAのほうですよ。ブロックをしっかり作って守られるパターン。恐らく今年は多く言われている形。で、アルディージャにとっては苦手な形。

お父さんとしては、中央にムルジャと家長、左に泉澤、右に渡邉の布陣で精度を上げていってほしいかと。

まず、ムルジャに関してですが、今までの外国人FWと違い、サイドに流れて受けるパターンが少ない。それはそれで、いつも「中に人いねー!」と試合中に叫んでるお父さんにとってはよい選手。やっぱり、ここの選手がサイドに流れると、中がすかすかで、結局出すとこないですからね。で、家長には彼の技術を生かすためにも狭いエリアで勝負してほしい。最近右サイドですが、あまり仕掛けず、ゴール前へのボールの供給が中心。確かにね、家長の技術があればピンポイントで中の選手に合わせることは可能だと思いますが、選択肢がムルジャだけじゃね。そりゃ得点は難しいですは。(金澤が駆け上がってくるのは効果的ですが、いかんせんそれでも中の人数が少なすぎる。金澤の上りもいずれケアされるだろうし、この辺はカルリとうまく入れ替わって、的を絞りにくくしてほしいですね。)
家長については、ポジションチェンジしていろんなところに顔出してくれればいいんですがね。ただ、中央をダイレクトにつなげたり、ドリブルで仕掛けたりというバリエーションを考えると家長しかいないかと。うまく中央に収まればムルジャと近い位置で良いからみもできるだろうし、キープ力で味方の飛び出しをするための時間も作れるだろうし。本人は、右サイドで勝負したいんですかねぇ。ただ、いまムルジャと組める選手を考えると正直家長が第一候補かと。

で、じゃぁ両サイドどうするかって話ですが・・・。

左サイド。泉澤。育てましょう!勝負してもらいましょう!そのため?の左サイドバックに和田ですよ。もちろん泉澤には守備面も強化してもらわんといかんですが、積極的に自由にやらせてみましょうよ!。
まぁ、前述の外国人FWの話じゃないですが、恐らくかなり研究されているはず。それぐらい、昨シーズンはインパクトを残したと思いますが、それを乗り越えていってもらいましょうよ!それができると信じてますよ。お父さんは。

で、恐らく賛否両論あると思われる右サイド。結果を残した大山。2試合連続スタメンの横谷といますが、そこはお父さんのひいき目もあって大剛で。昨年は、橋本や家長の陰に隠れていましたが、やはり右サイド・今井とのコンビや、FWの飛び出しに対してのパスだしはやはり大剛かと。(かなりひいき目です)
確かに”エース”という言葉には合わないプレーかもしれませんが、攻撃の起点・中継点として回りをうまく使える選手だと考えています。(単純なミスが多いのでそこは何とかしてほしいですが)

あとは、ボランチ+CBの攻撃へのからみかたですかね。CBには、DFラインのボール回しから縦へ入れる技術がほしいですね。わざわざ、カルリや金澤が下がって受けるようではゴールへの距離が遠いくなるし、枚数も少なくなりますしね。
で、ボランチ2人は積極的にゴールを狙っていってほしい。飛び出していく選手は、相手DFも捕まえずづらいし、タメができる選手がいれば信じて上がっていけるはず。

ということで好き勝手書きましたが、お父さんが期待することは
・泉澤の左サイドぶち抜き&相手を透かしたようなシュートアイデアでのゴール。
・中央の家長+ムルジャの技術の高いダイレクトプレーに、ボランチがからんでゴール。
・右サイドは、今井のオーバーラップやら、中央へのパスの供給やら攻撃形を作る土台的役割。
ということです。

ほんと、書いてるうちに文章のまとまりが悪いの自分でも感じるし、内容についても賛否両々あるとは思いますが、その辺はご容赦くださいまし。本来であれば、昨シーズンのうちに何かしらアルディージャの攻撃のパターンというのができていればよかったのですが、正直お父さんの目には「今だ見えず」なので、こんな文章書いてしまいました。42試合。長丁場のようで、気を抜くとすぐにTOP集団からおいて行かれそうな気がします。
そんな中で、チームを育てながら結果を残すのは難しいと思います。それだけに、武器となる攻撃のパターンを早く(できれば複数)確立してほしいです。
で、その精度をあげることで、次の選択肢も生まれてくるだろうし、結果としてJ2優勝。そしてJ1の舞台に帰った時に、降格前とは違うアルディージャが見られるはずです。
posted by お父さんりす at 02:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。