2015年03月30日

2015.03.29 第4節コンサドーレ札幌(H)

はい!。札幌戦。1−1の引き分けでございます。
稲本効果か、お花見効果なのか観客は、前節7000人に対して今節は10000人越え。ワンコインチケットは京都戦もやってたし・・・。

で、お父さんはというと今日はおうちでスカパー観戦でございました。観戦に行かれた方、お疲れ様でした。

さて、今日の試合ですが、正直評価が難しい・・・・。今日の監督の采配と同じくらい難しい・・・。
シュート数は19本で今季最多。で、相手よりもシュート数が多いのも初めて。正直「決めなきゃいけないところで決めなきゃ勝てない!」という試合ではるものの、試合内容としては、攻撃の良いか形はできてたと思うし、数字にも表れてる。
ポジティブに考えると、次につながる試合。攻撃の形ができてきた試合と言えるし、それだけにFW陣の今季初得点。勝ち点3というものがほしかったのも事実。試合の流れ的にも、膠着状態になったとはいえ、悪い状態ではなかったし、その中で連戦を考えてか、選手3人を交代した渋谷監督の判断も難しい決断ではなかったかと。

ということで、スタッツ。
2015.4.jpg

まあ、試合の展開としては、前節京都戦同様開始後のCKで、PKを献上。さすがに今回は加藤は止めることができず、1点先制される。攻め続ける大宮。そんな中で、26分に横谷がFKを直接決めて同点。その後も攻撃を続ける大宮だが、Finishのところで決め手を欠いて、前半終了。

後半も同様に大宮ペース。大宮相手で、アウェーを考えると札幌は守りに来るかなぁ?と考えていたんですが、そんな気配はなく。ただ、61分にパウロン(札幌)が1発レッドで退場となり、時間の経過とともに徐々に守りを固められる状態に。
惜しい場面を作るも、大宮はその守りを攻略できず試合終了。

それにしても、今日の菊地はよかった。河本欠場で、横山とのコンビでした。マッチアップ相手のナザリトはしっかりと抑えていたし、お父さんがなにより評価したいのは、攻撃の起点となるパス。中央やサイドへ、面白いように菊地のパスが通ってた。この辺は、相手が3バックてのもあるんですかね。このパス。前線にロングボールでほうりこむのとは違い、グラウンダーの適格なパス。なので、そこからシンプル・ダイレクトにつないでフィニッシュまで持ち込んで、惜しい場面を作っていました。
この辺り、監督の指示なのかどうかはわかりませんが、今後の試合でも継続してほしいですね。

あとは、泉澤。はい、大宮左サイドのドリブラーでございます。守備も頑張ってたし、攻撃では縦への突破もでてたし、あとほしいのは結果。で、欲を言えばペナルティーエリア内で、勝負してシュートまで持っていくことを意識してほしいですね。ほんと、とても楽しみな選手になりました。

さて、FWの清水・富山コンビ。攻守の切り替えや、前線での運動量もある。ただ結果がでない。惜しい場面を決めきれず。1点とればノッテいけるんでしょうが、それがなかなか。2人ともムルジャが返ってくる前に結果をだしたいんだろうなぁーと。まぁ、その辺りは途中出場の播戸も同じでしょうが。
形になってきてただけに、今日の試合で結果ほしかったですがね。次節に持越しでございます。

これで、勝ち点は7の2勝1敗1分。順位は、8位と首位千葉との勝ち点差は3。気になるのは、得失点差が0というところ。無得点試合はないんですがね・・・。次は、水曜にアウェーで岡山戦。勝ち点3持って帰ってきましょ!
【関連する記事】
posted by お父さんりす at 01:06| Comment(0) | コンサドーレ札幌(H) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。