2015年03月17日

2015.03.17 個人的な意見です!


アルディージャの攻撃陣に関する個人的な意見です。まぁブログに書いてるんだから当たり前なんですがね。
ちょっと、解説やらサッカー番組が「家長中心」を連呼するもので・・・。

と、その前にムルジャが気になったので、調べてみました。なにが気になったかというと、大宮の外国人FWの補強について。「シーズン途中」で、残留争いのために「海外から補強」。ということで、相手チームにとっては、なんのデータもない選手。ということで、そりゃー結果残すわなぁーと。で、2年目以降はどうやねん!と。
ということで、少ないですがラファエル以降の選手データ。
data1.jpg
お父さんの予想に反して、2年目に得点率を落としたのはズラタンのみ。ということは、相手チームの分析よりもチームへのフィット、Jリーグへの慣れってのが上回っているってことでしょうか。
2年目は研究されて、得点率さがっていると思っていたので、意外でした。
で、1年目から突出しているムルジャの得点率0.5。相棒のズラタンがいなくなったとはいえ、期待したいですねぇ。

といことで、ポジティブな話題がでたところで本題。

さぁ、アルディージャの攻撃。どうしたもんですかねぇ。ほんと、得点のパターンというかイメージがわかない...というわけではないんですよ。ここから大いに個人的意見を語ります。
まぁ、素人の考えなんでね。ふーんって感じで流していただければと。

さて、最近のサッカーの試合を見ていると、よく聞こえる守備のトレンドは
@攻守の切り替えを早く前線からプレスをかけ、攻撃を遅らせる
Aブロックを作って守る
ってところかと。(書いてて、この2点しか浮かんでこなかった・・・)

これをどう攻略するか。
@に対しては、プレスがかけられるより早くボールを動かして縦に運ぶのが理想。このためには、選手全体が切り替えを早くして、ボールの出し先の選択支増やせるようにしながら、全体的に押し上げる動きが必要かと。大宮の選手はできているか?
もしくは、少ない人数、タッチで前線へ運ぶ。確かな技術、連携が必要なこのパターン。話してからめる選手が何人いるか?
最近の消極的なプレー、大事なところでミスするなど、今のところ満足のいくパターンはできていないかと。
(とはいえ、初めて大宮の試合を見にいった5年前と比べればレベル上がってますがね。まぁ、Jのレベルが上がってますから、それ以上の伸びみせないとつらいですわな)

で、問題はAのほうですよ。ブロックをしっかり作って守られるパターン。恐らく今年は多く言われている形。で、アルディージャにとっては苦手な形。

お父さんとしては、中央にムルジャと家長、左に泉澤、右に渡邉の布陣で精度を上げていってほしいかと。

まず、ムルジャに関してですが、今までの外国人FWと違い、サイドに流れて受けるパターンが少ない。それはそれで、いつも「中に人いねー!」と試合中に叫んでるお父さんにとってはよい選手。やっぱり、ここの選手がサイドに流れると、中がすかすかで、結局出すとこないですからね。で、家長には彼の技術を生かすためにも狭いエリアで勝負してほしい。最近右サイドですが、あまり仕掛けず、ゴール前へのボールの供給が中心。確かにね、家長の技術があればピンポイントで中の選手に合わせることは可能だと思いますが、選択肢がムルジャだけじゃね。そりゃ得点は難しいですは。(金澤が駆け上がってくるのは効果的ですが、いかんせんそれでも中の人数が少なすぎる。金澤の上りもいずれケアされるだろうし、この辺はカルリとうまく入れ替わって、的を絞りにくくしてほしいですね。)
家長については、ポジションチェンジしていろんなところに顔出してくれればいいんですがね。ただ、中央をダイレクトにつなげたり、ドリブルで仕掛けたりというバリエーションを考えると家長しかいないかと。うまく中央に収まればムルジャと近い位置で良いからみもできるだろうし、キープ力で味方の飛び出しをするための時間も作れるだろうし。本人は、右サイドで勝負したいんですかねぇ。ただ、いまムルジャと組める選手を考えると正直家長が第一候補かと。

で、じゃぁ両サイドどうするかって話ですが・・・。

左サイド。泉澤。育てましょう!勝負してもらいましょう!そのため?の左サイドバックに和田ですよ。もちろん泉澤には守備面も強化してもらわんといかんですが、積極的に自由にやらせてみましょうよ!。
まぁ、前述の外国人FWの話じゃないですが、恐らくかなり研究されているはず。それぐらい、昨シーズンはインパクトを残したと思いますが、それを乗り越えていってもらいましょうよ!それができると信じてますよ。お父さんは。

で、恐らく賛否両論あると思われる右サイド。結果を残した大山。2試合連続スタメンの横谷といますが、そこはお父さんのひいき目もあって大剛で。昨年は、橋本や家長の陰に隠れていましたが、やはり右サイド・今井とのコンビや、FWの飛び出しに対してのパスだしはやはり大剛かと。(かなりひいき目です)
確かに”エース”という言葉には合わないプレーかもしれませんが、攻撃の起点・中継点として回りをうまく使える選手だと考えています。(単純なミスが多いのでそこは何とかしてほしいですが)

あとは、ボランチ+CBの攻撃へのからみかたですかね。CBには、DFラインのボール回しから縦へ入れる技術がほしいですね。わざわざ、カルリや金澤が下がって受けるようではゴールへの距離が遠いくなるし、枚数も少なくなりますしね。
で、ボランチ2人は積極的にゴールを狙っていってほしい。飛び出していく選手は、相手DFも捕まえずづらいし、タメができる選手がいれば信じて上がっていけるはず。

ということで好き勝手書きましたが、お父さんが期待することは
・泉澤の左サイドぶち抜き&相手を透かしたようなシュートアイデアでのゴール。
・中央の家長+ムルジャの技術の高いダイレクトプレーに、ボランチがからんでゴール。
・右サイドは、今井のオーバーラップやら、中央へのパスの供給やら攻撃形を作る土台的役割。
ということです。

ほんと、書いてるうちに文章のまとまりが悪いの自分でも感じるし、内容についても賛否両々あるとは思いますが、その辺はご容赦くださいまし。本来であれば、昨シーズンのうちに何かしらアルディージャの攻撃のパターンというのができていればよかったのですが、正直お父さんの目には「今だ見えず」なので、こんな文章書いてしまいました。42試合。長丁場のようで、気を抜くとすぐにTOP集団からおいて行かれそうな気がします。
そんな中で、チームを育てながら結果を残すのは難しいと思います。それだけに、武器となる攻撃のパターンを早く(できれば複数)確立してほしいです。
で、その精度をあげることで、次の選択肢も生まれてくるだろうし、結果としてJ2優勝。そしてJ1の舞台に帰った時に、降格前とは違うアルディージャが見られるはずです。
posted by お父さんりす at 02:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

2015.03.15 第2節 セレッソ大阪(A)

第2節 C大阪戦でございます。
子供の卒業式が近いということで、昼から髪を切りに行きまして、すっぱりきました。自転車を漕ぐ道中で、桜が咲き始めているのに気づき、「いやいや桜の季節はまだ早い!」と心でつぶやいておりました。

今日は、子供+嫁が友達のおうちにお出かけ。ということで、髪を切ってさっぱりしたお父さんは、じっくりスカパーでの観戦でございます。
現地の応援の方々、お疲れ様でした。

では早速スタッツを。
2015.2.jpg

ムルジャ、家長が不在。ということで、2トップではなく富山トップのトップ下に横谷。右サイドには、10番渡邉。右サイドの活性化・・・・期待したんですけどねぇ。で、左サイドに泉澤。期待したんですけどねぇ・・・。

さて、まずは試合の振り返りを。得失点シーンですが、
53分 C大阪玉田の得点シーン。縦パス1本から丸橋が中に折り返し、これを関口−玉田とダイレクトにつないでのゴール。確かにダイレクトできれいにつながれたので、仕方ないですかね。裏を取られたところから、ダイレクトにつながれたことで、チェックが後手にまわってしまいました。

84分 大宮河本の同点に追いつくシーン。C大阪陣内左サイドからのCKは清水がすらして逆サイドへ。これを富山が拾いいったんフリーの大山に戻す。Jデビューですからね。シンデレラボーイの予感を感じていたお父さんとしては、シュート!と思ったんですが、大山はふわりとゴール前への浮かせたパス。これを河本がヘディングで競り勝って同点。

90分 C大阪玉田の2点目。これは仕方ない。玉田凄すぎというしかない。大宮陣内でのFK。左利き玉田にとってはゴールを狙うにはちょうどいい距離・位置。玉田のFKは、ゴール右上のバーに当たりそのままゴールの中へ。さすがにあそこにあのスピードで蹴られると、GK加藤もとれませんわ・・。

90+2分 C大阪扇原のゴール。まぁね。これはなんと言ったらいいんでしょうかね。恐らく玉田の逆転FKに対して、取り返さないと!という意識が強かった加藤のプレーが裏目に出たんですかね。得点シーンとしては、大宮陣内右サイドへの縦パスに飛び出した加藤がヘディング。これが中途半端で、扇原に拾われ、そのままゴールへ。一昨年?の金澤のゴールのお返しですかね。まぁ、和田も懸命に追いかけたんですが、狙ったのか偶然か、見事なコースに。

ということで試合結果は、1−3の敗戦でございます。

試合については、チームオーダーを見たときに右サイドの今井−渡邉コンビの復活。左サイドの泉澤の仕掛け、菊地のベンチ入りなど、期待していたところがあったんですがね。
まず、渡邉に関しては自分のアピール!という意識が強かったんですかね。慎重すぎる面があったり、逆に簡単に今井を使えばいいところを自分で仕掛けたりと、ちょっと空回りしている感がありました。変わった大山が、逆にシンプルにプレーしていたので攻撃のテンポが作れてましたね。

で、泉澤。こちらは中への仕掛けが多い。というか縦への突破がほとんど見られなかった。試合途中では、中へあまりにも仕掛けるから、「これはフリで、どこかで縦の突破でえぐってくれるんだろう」とそのシーンを心待ちにしてたんですが、最後まで見られず。

というところでございます。

さて、試合全体を通してですが、J2での試合とはいえ、相手はフォルラン・玉田・関口の3人が並ぶC大阪。大宮が押し込まれるシーンが多くなるのは当然わかっていたわけで。ただ、試合が開始してみると、どうも攻め急いでるというか、落ち着かない様子。まぁシーズン始まったばかりですからね。得点とって気持ち的に楽になりたいってのがあったんでしょう。それほど得点される気配はなかったですね。いつもの大宮の守備ですよ。まぁ、スカパーの解説には散々な言われようでしたが・・・。それほど怖いシーンはなかったです。正直金沢戦のほうが危ないシーンが多かった。

押し込まれるも守りきる大宮。ただ、前線に送ってもボールが収まらない。さすがにこの状況が続くと、厳しいですね。ただ、よく大宮DF陣は我慢したと思います。玉田の2点目はFKだし、扇原のゴールは不用意とはいえ、積極的に守備に行った結果。守備はまずまずだったと思います。

さて、問題は攻撃陣。やはり慎重になりすぎている感がありありと出てますね。ボールのつなぎが遅いし、仕掛けも少ない。右の今井、左の泉澤とゴールライン沿いから抉るシーンが見られると期待してたんですが、全く見れなかった。で、一番C大阪と比べたときに感じた差ですが、中央にボールが入った時のプレーと質。
シンプルに入ったボールを、うまくダイレクトでつないがれ決められた玉田の先制点。前節金沢戦でも、結局は中央をうまくつないでの決勝点。中央でつないでいくときは、守備が後手に回るようにダイレクトにつなぐプレーが必須かと。そういった意味では、技術?連携?どちらも大宮は磨く必要がありますね。
これからの長いシーズン。ムルジャ+?となると思いますが、だれがでてくるか。

今日の3失点は確かに痛いですが、崩されたのは1点目のみ。C大阪相手に、しっかり守れていたと思うし、自信持っていきましょう!。金沢戦よりは落ち着いていましたよ。
で、攻撃陣。お父さんはもっとやれる攻撃陣だと信じています。特に両サイドの仕掛け。もっとえぐっていきましょうよ!中央に入れるなら、単調に入れるだけじゃなくて、ダイレクトにアーリー入れるとか、変化つけないと。

ということで、次はホーム京都戦。NACKです。やはり厳しい戦いになるとは思いますが、攻撃陣の爆発をみせてほしい。というか、昨年からの進化(を期待させるプレーでもいいです)をみせてほしいです。

まだ2節。2戦連続得点試合ですよ。まぁFW陣が得点取り出さないと落ち着かないところはあると思いますが、次の試合で得点とって、のっていきましょう!
posted by お父さんりす at 01:16| Comment(0) | セレッソ大阪(A) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

2015.03.12 徒然と


さて、次はC大阪戦でございます。
第1節が、J3から昇格した金沢。第2節は、C大阪。よくよく考えてみればJ2での戦いと言われても、昨年J2のチームと対戦するのは第3節の京都から。
C大阪は、優勝争いの有力候補。ぜひ勝ち点3を持ち帰ってほしい。
昨年は1勝1分け。勝ったとはいえ、降格が決まった時の相手。そのときの気持ちを思い出してぶつけてきてほしい。気迫のこもった試合を期待しています。

で、気迫といえばですが、

昨夜(深夜?)に、スカパーで大宮対金沢の再放送をやってまして、録画予約でHDにあるにも関わらず、見てしまった。で、そのときに試合観戦で気になったことを再確認。

気になったこと1
前半15分の大宮陣内左サイド。河本のクリアボールに対する金澤と清原との攻防。まじかで見てましたが、清原の物怖じしない表情というか、気迫が伝わってきました。対する金澤も一瞬かっとなったのか、あまり見せない怖い雰囲気だしてました。負けてなかった。

気になったこと2
前半20分のこれまた大宮陣内。右サイド。金沢チャの縦パスを今井がカット。これに対し、金沢の佐藤が死角から来ていたとはいえ、うまく体をいれられて奪われる。バランスを崩す今井。
正直今井が当たりで負けるのはあまり記憶がないので、「今井が飛ばされるかぁ・・・」と会場でつぶやいていました。うーん。チーム全体に言えることかもしれませんが、コンディション調整うまくいってなかったんですかね。

気になったこと3
これは、スカパー見ていて気付いたこと。右サイドの攻めで家長がボール持った時、今井がフリーランするわけですが、金沢の選手がまったく釣られない。決まり事だったんですかね。今井にださせてクロスあげられるなり、仕掛けられるより、家長に突破されたり、余裕持たせるほうがリスキーと判断していたんでしょうか・・。

とまぁこんなところですかね。

で、今日は会社の帰りにボーっと電車で考えていたんですが、今年のチームスローガンの「挑む」。まぁ、こういう状況の場合、「油断せずにチャレンジャーの気持ちで!」って意味でよく使われるわけですが、チームとして「J2優勝というタイトル」に挑んでほしい。J2とはいえ、優勝は優勝。タイトルはタイトルです。優勝と2位ではやはりその後の選手、チームに与える自信がやはり違うかと。
これまで、J1時代は「勝ち点○○点目標」という具体的なのか抽象的なのかよくわからない目標だったが、今年は「優勝してJ1」という明確な目標を出してくれたわけで(当たり前か・・・)。
ただ、それに向かってチーム一丸となって、挑んでいってほしい。

あと、もう1つの「挑む」。
これは、選手個人に求めること。自分の長所を伸ばすなり、プレーの幅を広げるなり試合中にチャレンジをしてほしい。チャレンジはリスクがつきものですが、この点は周りがフォローしてリスクマネージメントをキチンとして、チャンレジできる雰囲気を作らないといけないと思う。そういった意味では、選手間のコミュニケーションが大事なんでしょうね。
何年か前ですが、お父さんのイメージでは守備的で、バランスをとるのがスタイルだと思っていた金澤が、積極的に前に飛び出したり、パスを散らすようになり、最初は合わない点もありましたが、翌シーズンからはしっかりと武器にしていた。
今井の場合は、攻撃面でよいプレーは見せていたものの、守備面では北野や菊池、金澤に怒られ?て、だんだんと安定した守備ができるようになってきた。
数字に残る目標もいいけど、選手個々に強化したいこと・プレーを意識してチャレンジしてほしい。
これは控えの選手にも言える話。自分の武器、スタイルを磨いてスタメンの座を奪いにいく(当然考えていると思いますが)気持ちで今シーズンを過ごしてほしい。
そうすれば、チームも選手も育つはず。長いシーズンだし、控えの選手にも必ずチャンスは来る。(今回出番がなかったですが、大山を投入しかけていたし)。
選手個々の挑む気持ちが、結果に表れてチームも選手も成長し、タイトルとってJ1へ返り咲く!
そんなシーズンを送ってほしいです。

まぁ、理想論ではありますがね。この辺のバランスをとるのは、監督の仕事。ということで、渋谷監督にも選手の挑む気持ちを汲んで、采配を振るってほしいです。

さて、お父さんは何に挑むか・・・。考え中。

posted by お父さんりす at 01:57| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。